忍者ブログ
やや「ヲタ」な「乙女」、marunaのブログです。 日常のネタから大好きなGLAY・フィギュアやアニメetc・・・ 簡単に言えば「ただの日記」!・・・そんなブログですが・ヨロシク(´ω`)ノシ
80 80 80 80
80 80 80 80
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

これまでの経緯・体験をざっくり説明。
体外受精に移行することが決定。
特定不妊治療の助成金、支給に時間がかかると聞いてたけど、案外早かった。1ヶ月ほど?

〇採卵
検査やソフトカプセル状の膣剤で調整しつつ、入院して採卵。
採卵は静脈麻酔だったけど、すごく痛くて「痛い!痛い!」と、膝をバタバタさせてしまった記憶(夢を見てた感じ)
全て終わって病室に戻ったときには夕飯の時間を過ぎてたんだっけな?麻酔が抜けてから夕飯を出してもらって、消灯した薄暗い部屋で食べた。

〇移植
採卵から数日後、順調に細胞分裂を始めた受精卵3つのうち1つを移植するために入院。残りの受精卵は凍結保存。
緊張で吐き気がするなか手術室で先生が受精卵を持ってくるのを待つ。(麻酔の必要がないから完全にシラフ)
やっぱり酸素マスクのニオイが苦手。
長~い(と感じた)移植手術が終わってぐったりな私はストレッチャーで病室へ。
腹筋を使わないようにしてストレッチャーからベッドにズリズリ移動して、2時間くらいは安静に。(絶飲食でトイレの心配無用)
午後からの日帰り入院だったんだけど、退院したのは19時頃だったかな?
着床の確認をするのはまだ先だから、ドギマギしながらいつも通りの生活。

〇妊娠成立
一人で病院に行って尿検査したら「おめでとうございます」と!「あ、どうも…(‘A’)」って薄いリアクションしかできなかったw
診察の後、前からやってみたいと思ってた「お前の子供を授かった。金を用意しろ。」って茶番LINEを旦那さんに送ったww夕飯はきもーち華やかにしたw

〇つわり
妊娠8週頃だったかな?
脂っこい食べ物をあまり買わなくなったし、ちょっと食欲がなくなってきた。飴で空腹と不快感をごまかしつつ「これがつわりか?軽そうでラッキー♪」なんて思ってたのも束の間。次の週から徐々に吐き気が強くなってきて、朝から晩まで吐き気orz
出勤前に吐いてスッキリしてから運転する毎日。出勤してからはエチケット袋片手に職場の廊下に座り込む。もちろん仕事にならない。ので、さすがに直属の上司に妊娠と状態を報告。休職も視野に入れる。タイミングよく上司に休職という選択肢もあるよ?と提案される。
そして父親くらいの年齢の上司には「ちゃんと食べてる?ちゃんと食べなきゃ!」と強く言われるも、心では『うるせぇ!食いてぇよ!』と悪態をつく。
わりは日に日に酷くなって、毎日食べられそうな物を模索。最終的にフルーツやゼリー、炭酸飲料、オレンジジュースが定番メニューになった。たまにチョコミントアイスも食べた。冷たくて後味サッパリ。小ぶりなメロンを半玉ペロリと食べたことも。…食費がどえらいことになった(白目)
※三ツ矢サイダーの飴が大活躍でした シュワシュワ

〇入院(妊娠悪阻)
ある日の朝、予約していた診察のために家を出るも、いつになく吐き気が強くて吐きながら運転;途中路肩に停車して吐いて、ゆっくり安全運転で病院へ。
なんとか正面玄関近くまで歩いたけど、手前で歩けなくなった。そこに、優しい女性が声をかけてくれた。「つわりで…少し休めば大丈夫です…」と言った私だけど、その女性は人を呼んでくれたの!『私もつわり酷かったから』って!女神ですか?
玄関前から産婦人科まで車椅子で移動して受診。その場で2週間の入院決定w
12週間で5kgくらい痩せてた。
すぐ旦那さんにメールして、午後から出社予定だった会社には電話で連絡。とりあえず、自宅療養も含めて1ヶ月休職することに。
病室で点滴を始めてもしばらくは吐き気でしんどかったけど、しばらくしたら楽になった。でも、吐き気から解放されただけで食欲は全然戻らなかった。
12日間ほど入院してたけど、10日間くらいはずっと点滴してて、試しに点滴外したとたんに吐き気復活;点滴も復活;同じ時期に妊娠悪阻で入院した女性も同じ時期に退院したので、妊娠悪阻での入院は短くても2週間だと思ったほうがよさそうです。
入院中は退屈でしかたない!本を読む気力がないから雑誌を読むけど、すぐに読み終わる。テレビはお金がかかる。カフェに行きたくても、フロア以外(売店とか)に行くには看護師さんの同伴が必要。スマホ・iPadは即座に通信制限がかかって使わなくなった。ポータブルゲーム機持ってない。
夕方、仕事帰りの旦那さんが差し入れと共にお見舞いに来てくれることがどんなに待ち遠しかったことか!
妊娠悪阻で入院した場合、通信を必要としないゲームやDVDプレーヤーとかあればいいかもしれない。


●今回の入院で役立ったもの
100円ショップのエチケット袋()
>入院した日に偶然カバンに入れてた。病院でもらえる袋が半透明だし、いちいちナースコールで貰うお隣さんを見てめんどくさそうと思った。

・トイレットペーパー
>エチケット袋の中に少しちぎって入れておけば音がしにくい。口の中が気持ち悪くて唾液を出したいとき、ティッシュより経済的。

・耳栓(ひも付き)
>過去の経験から。大部屋の場合、眠るときにイビキや物音が気になる人にお勧め。ひもがあれば寝ている間に外れて床に落ちない。

・ショール(羽織もの)
>季節にもよりますが、点滴をしているとカーディガンなどの袖を通せないので。あと、ノーブラの方は突然のお見舞いや診察の時にも役立ちます。私はブラトップ派なので大丈夫でしたが、院内が肌寒かったので。

●あればいいもの
・肩にかけるポシェットのような物
>動けるようになっても点滴は外せないので、売店や談話室、診察に行くときはこの中に財布や貴重品を入れましょう。私は当時思いつかなくて、病棟から診察室までエチケット袋・飲み物(吐き気対策)・点滴を手に移動するのに苦労しました;

〇退院
月をまたぎたくなくて、若干むりやり退院。(点滴外して様子を見つつ)
驚くほど足腰の筋肉が弱ってたから、移動は慎重に。自宅に帰る前にスーパーで食べられそうなものを手当たり次第に買い込む。
2週間ほどの自宅療養。一日のほとんどをリビングのソファで過ごす。近くには常にエチケット袋と飲み物。自宅から100mほど先にある自販機まで行くのにもタイミングを見計らって・エチケット袋片手に。
基本的に寝るか食べてた。体重は増えない。
次の診察で吐き気を止める飲み薬を処方してもらった。

★バナナには吐き気を抑える効果があるとかないとか…(知らずに食べてた)
吐き気で食事がとれないタイプの人は、水分を取ろう。胃に何も入っていないと吐きたいときに息ができないほど苦しくなってヤバイ。なんでもいいからとにかく飲んでおけば楽!吐くことで楽になる!
★妊娠悪阻による入院でも「傷病手当金」が出ます。忘れずに会社へ確認を。
★吐き気を抑える飲み薬があります。まずは主治医に相談を。


いろいろ旦那さんにも苦労かけたけど、順調です。
妊娠8ヶ月に入って急に体重が増えやすくなって焦ってるけど、一応許容範囲内。
赤ちゃんの成長は標準的。
そしてようやく歯科検診にも行った。大嫌いな歯医者…約10年ぶり。小さな虫歯が4つくらい見つかるものの、一度の治療で治る程度みたいで一安心;


拍手[0回]

PR

※また長期間更新をサボってしまったorz



※説明を受けた当時の文章です;
※7回の人工授精でも妊娠に至らなかった(原因不明)ため、体外受精に移行しました



2018/1/24
 1530から約1時間

旦那さんと二人で体外受精とはどんなものかっていう説明を受けてきた!

10
年前の卵巣腫瘍から去年のラパロドリリングまで、偶然にもずっと同じ担当医Aだったけど、体外受精については、より得意とする?医師にバトンタッチ。
おそらく今後しばらくはこの医師が担当になりそう(担当医B)
まず、エコーやるのか気になってたけど、やらなかったよ!

で、診察室の机に置かれたA3サイズのテキスト()を見ながら説明されたんだけど、この担当医Bの話し方がすごく苦手だわ!(^д^;)
なんて言ったらいいかな・・・回りくどすぎるというか、言葉を区切り過ぎるというか・・・資料を読み上げてくれたほうがマシ!
あと、重要じゃないけど全然目が合わない!至近距離で話してるけど、視線は私の顔の横()を見てる感じw(斜視ではないと思うけど)
なんかモヤモヤ(_;)

夫「marunaが目を見すぎてるんじゃない?w」←

あとね、爪が長いの・短いのがあって、衛生面が気になった;
担当医Aは癖が強くて、大らかな旦那さんでさえ「俺、あの人苦手;」って言うんだけど、清潔感あるし話すことはハッキリとしてるから意外と楽だったな・・・

何はともあれ具体的な話を聞いて納得したり、金額に絶句したりで、静かに話が進んだ


以下、確認・決定したことを箇条書き
・総額は40万円(状況によって多少変化する)
※富山県の助成制度では初回のみ最大30万円まで助成金が出る
2月は他にも体外の予約があって厳しい
3月は仕事が忙しくなる時期で、頻繁に休むのは厳しそう
4月に体外受精をやる(予定)
・採卵は午後から入院して、夕方に静脈麻酔で実施
・採卵前、夫は病院で精子を採取
・採卵の翌朝退院
・胚移植も入院扱いで、午後に入院→夕方(16時~19時頃)退院
・胚移植は人工授精よりは痛みが少ない
・支払いは(事前の処置等)受診するごとに、「その都度」清算
・卵子の数にもよるが、半分を通常通り使用して、残りを凍結保存することも可能(この場合の費用は通常の体外受精の金額で計算される)


後から思った疑問
・資料には胚移植の後2時間ほど床上で安静にとあったけど、トイレは行って大丈夫なのか?尿カテ入れられるのか?まさかね!←
・夕飯どうなるのか?(食いしん坊か)

★資料を読んで不安になったこと
胚移植の後、妊娠状態?を維持するために注射や飲み薬の他にも「膣座薬」を使ってホルモンバランスを維持するらしいけど・・・「膣座薬」だと?!
ググったら、とあるクリニックのサイトに『タンポンのように~』って書いてあったけど・・・タンポンすら使ったことないし・使いたくもないんだけど!?(;)ヒィィ


次に病院に行くとしたら、3月に生理が来た場合
ってことは、2月に自然に妊娠すればいいんだよね!(一応ポジティブ)
そしたら面倒な通院・手続き・高額な出費もしないで済む!!


(次は比較的最近まとめたものを更新!←)


拍手[0回]

更新さぼり過ぎたから、途中はしょりまーす!www

8月
8/2→退院(7/27入院)

8/14→診察&支払い
・湯船に浸かってOK(何も言われないから自分から確認)
・両方排卵するかもしれないので、今夜夫婦生活営むことを勧められる
・生理きたら12~13日目に受診
・診察の二日後に生理きた

8/28→卵胞?排卵しないまま残ってるうえに他に見当たらない。今月の排卵がどうなるか全く予想できない状態。次回診察は、2週間待って体温の変化がない場合or生理5日目に。

  \はしょりまーす!/
一二三⊂( ・∀・)つブーン

11月
11/20→卵胞が育っているのを確認・注射
11/21→6回目の人工授精実施
11/24→注射(あの看護師さん、刺す場所おかしくないか?)

12月
生理キターー(・∀・)ーー!!(心で号泣)

(ここにきて日付つけるのめんどくなった)

・7回目の人工授精することに
これで授かれなければ、体外受精という手も・・・と、ここへきてついに先生から次のステップを提案された。ついでに初めて「原因不明」と言われた。(いまさら!w)
うすうす可能性を感じてはいたけど、いざ言葉にされるとショックだなぁ。
とりあえず「今度こそ授かると願いつつ!」と、先生の前で気合い?を入れて診察終了。

・7回目の人工授精実施
「ラッキー7じゃん!」
「『7度目の正直』ってね!!w」
とか言いながら、ポジティブな気持ちでお股パカ~☆←
・後日、支払いのついでに注射(やっぱ前回の看護師さん、刺す場所下過ぎだよ!)


【2018年】

1月(あけましておめでとうございます!)
2018年の目標は「妊娠・出産」!!w

・年明け早々に生理来た・・・体外受精決定の瞬間である(‘~’)hahaha
・電話で診察予約
受付のお姉さんに「どのような件で?」と確認され、驚くほど爽やかな声音で「体外受精の説明を予約するための診察です~☆」と伝えた私、なんでだ、エライ、がんばった(‘~’)fufufu

あ、そうそう!
担当医は体外受精を担当してないみたいで、12月の診察時に「体外受精する場合は担当の先生変わります。他のクリニックでもすることは可能です。○○クリニックは人気ですが、半年ほど待つことになります。」とのこと。
私は10年前の卵巣腫瘍の手術や数年前の親知らず4本抜歯の手術、去年のラパロ、毎年の健診と、かなり日赤にお世話になってるんで、それらの情報がある日赤でお願いしたいと、前回の人工の前に確認しました。


※12月の診察で確認したこと
①人工授精で授からなかった場合、体外受精に向けて進みます
②体外受精は(先生変わるけど)日赤でお願いします
③体外受精受ける前に「説明」の予約が必要で、予約のための診察は周期に関係ないのでいつでも来てください(本人だけでOK)
④体外の具体的な説明は夫婦で聞きます


あ~ぁ・・・有休の日数、10月までもつかな(´言`)グハァ
誕生日に休み取りたいよ・・・たまには通院以外の理由で休み取りたいよ・・・
何はともあれ今は通院の回数(有休消化)が心配。


明日はいよいよ体外の説明を受ける日。

安定剤飲んで、車は旦那さんに運転してもらおう。

拍手[0回]

ブログの存在を忘れてたw

だいぶ時間あけちゃったけど、私と同じように悩んだり努力してる人たちの参考になればと思って、私の経験をざっくりと…一部細かく書いていこうかなと思う(・ω・)ノ

【2017年】
4月
某日→会社の健診ついでに受診
・2cmくらいの子宮筋腫発見。処置の必要なし。わりと凹む(谷;)

5月
某日→卵胞が全然育っていない。排卵しそうにない。けっこう凹むorz

6月
某日→卵胞まだ小さいけど、育ってはいる。ラパロドリリング手術を提案された。
6/27→手術やる・やらないは旦那さんと相談することに。一応手術の予約だけして、とりあえず人工授精に向けて処置。
旦那さんに恐る恐る手術のことを報告。
即答で「おぅ、やろう。お金のことはいい。」と、力強く言ってくれた。
6/30→卵胞が育っているから翌日人工授精決定。注射して帰宅。

7月診察
7/1→人工授精実施
7/5→注射
某日→生理始まる。再び凹むorz
7/20→手術決定。エコーはせずに、術前の各種検査を受けた。検査の結果は7/24に。
すぐに高額医療費関係の手続きを始めた。※ここ重要!手術が決まったら早めに申請を!
7/24→検査に問題なし。会社に提出するために簡単な診断書を作ってもらった。

★7/27→入院
卵巣の手術は10年ぶり。
入院当日に手術の説明がありますが、家族が立ち会わないといけない&入院患者本人の車は停めないでほしいってことで、旦那さんが休みを取って終始付き添ってくれた。
心は意外と落ち着いてる。
同室のオバサンの生活音がうるさくてイライラ。ロッカーや冷蔵庫の扉をバタンバタンと閉めてウルサイ。

★7/28→手術当日
手術中は、家族が病室か休憩スペースで待機してないといけない。この日も旦那さんが休みを取って付き添ってくれた。ありがとう!

病室で手術用の点滴の針を刺す。中々難しいようで、3回目でようやくセット完了。
数年前に全身麻酔をしたときは病室で鎮静剤を打たれてベッドごと移動したけど、今は違うらしい。看護師さん・私・旦那さんの3人で歩いて手術室へ移動。
エレベーターを下りたところで旦那さんはストップ。旦那さんに笑顔で手を振って(強がり)扉の向こうへ。この辺から急激に緊張してきた。

まず、扉からすぐの場所で丸椅子に腰かけ、自分が何の手術をされるか確認されて、手術専門の看護師さん?に(文字通り)ぴったりと寄り添われて移動。
目の前には幅5mくらいの通路が奥へと何十mも続いてて、その両サイドにたくさんの扉(手術室)があってびっくり!その中の1つに歩いて入室。
広いような狭いような?その中央にあるベッド・・・というより台に腰かけて、自力で上半身裸になる。このときはまだ看護師さんと二人きり。
(思い出して心臓ドキドキしてきた;)

謎のモコモコしたマット?の上に横になったあたりで他の関係者が入室。あまりの緊張で何も投与されてないのにこのへんから記憶が飛び始めてるww
気が付くと5~6人が壁沿いに並んでる。噂に聞く見学かな?
準備を進める人が、フランクな口調で話しかけてくれて、いくらか落ち着く。さらに、自分でも落ち着こうと質問をしてみる。
(以下略)

目が覚めると、痛くはないけどまぁしんどいわけですよw
見守ってる家族にしてみれば、かなり辛そうに見えるらしいw
これは過去2回も同じ。でも大丈夫!なんとかなるもんです!(^ω^)b

★7/29→自力で歩けることを確認したうえで尿道カテーテルを外した

で、ここからは私が【持参して良かった・持参すればよかったと思った物】をリストアップ。

◎タオルケット
(真夏の場合。消灯時間になるとエアコンが止まります。室温が暑いというより、羽毛布団が暑いし・術後の発熱もあります。)
(数に限りがありますが、氷枕を借りることができます。)
◎音楽プレーヤー
(術後の夜は気が滅入ります。私はipodとイヤホンで音楽を聴きながら寝ました)
◎プリン・ゼリー・フルーツジュース等
(絶食のせいか、術後2~3日は食事がノドを通りませんでした、私はね)
◎トイレの消臭スプレー
(相部屋で気になる場合)
◎腕時計or置時計
(術後はトイレに行った時間と量を自分で記録しないといけない。持ち込まないと時計は1つもない。携帯電話は絶対不便。)
◎耳栓
(相部屋の場合。イビキがひどい人もいるし、巡回などの物音に敏感な人におすすめ。)
◎厚みの無いクッション
(横向きに寝るとお腹に違和感があるから、お腹の下に添えたり・柵にもたれかかるときにあるといいかも。枕を追加で借りることも可。ただし、狭いベッドでは邪魔に感じるかも?)

※食事と術後の点滴について※
術後2~3日の頃、手術当日から腕に付けていた針(周辺)が痛くなってきて不快だったんで「いつ取れますか?」と聞いたら…詳しくは忘れたけどたしか…今投与してる点滴が終わったら取れるけど、ほとんど食べてない状態だったから、どれだけ食べられるかによる・と。
やっぱり全然食べれないから栄養の点滴投与。気のせいか、栄養の点滴投与したら少し元気が出てきたというか、食べれるようになってきた。
で、看護師さんと確認したうえでようやく針が取れた!すっきり!

毎回食事を大量に残してしまって心苦しかった私。
あるとき配膳係?の方から提案を受けて、選択肢の多さにびっくり!
・ごはん食べにくければ、また五分粥・全粥にもできる。
・ごはんが苦手ならパン(袋に入った食パン2枚)にもできる。
・牛乳が嫌ならジュース(紙パック)にもできる。

結局私は退院してもしばらく食欲が戻らなかったけど、食べられないと思ったら素直に看護師さんに相談したほうがいいよ!


どうでもいいかもしれないけど、窓側のベッドだった私は、通路側人のためにカーテンはできるだけ開けてた。その人が数か月も入院してる高齢の方だったこともあるけど、少しでも真夏のキレイな空が見えた方がいいかなって(笑)


続きは近々!ww

拍手[0回]

先月久しぶりに更新したけど、その前の記事が2回目の人工授精だったね…だいぶサボってたなぁ(^^;)

人工授精ね、全部で4~5回挑戦して、結果が出ないから2016年1月以降止めた
知り合いも7年治療しても結果が出なくて、治療止めてから授かったって言ってたから少し期待してたけど…1年経っても授からず!

もう泣き笑いしそう(;ω;)Hahaha!

は~あ…経験者にどんなに励まされても、なかなか・思うように割り切れないね;

最近じゃ、自分が親になっていいものか疑問に思うし、ほんとに子供を望んでいるのかすらわからなくなってきた

拍手[1回]



プロフィール
HN:
maruna
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1988/04/15
職業:
事務
趣味:
イラスト製作・読書・漫画etc
自己紹介:
・日記・ダイエットは続かないタイプ。
・自分では「わりとしっかり者」のつもりです。でも会社では「わりと不思議ちゃん」・・・。
・心からGLAYを愛し、旦那さんを愛し、フィギュアを愛する者ですwww

何かネタがあれば、随時更新するつもりです(・∀・)vブイブイ


※あ、画像の転用はヤメテね☆
おやつの時間
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
GLAY NEWアルバム「GLAY」発売日
THE PREDATORS vs GLAY
リーダー(maroguri)の抜け殻
最新コメント
[02/18 きき]
[02/17 きき]
[06/11 maruna]
[06/11 ayako]
[04/02 名無しのズラー氏]
[03/18 maruna]
[01/13 名無しのズラー氏]
[03/12 maruna]
[03/12 しっぽ]
[02/05 しっぽ]
バーコード
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]